三好 正起

実習で感じた「人の役に立つ喜び」が入社のきっかけ

まずは、城南医薬保健協働を知ったきっかけを教えてください。

きっかけは、学生時代の実習で当社が運営する「うのき薬局」にお世話になったことです。うのき薬局は地域密着の小さな薬局ながら、患者様一人ひとりとしっかり向き合える環境でした。その雰囲気や患者様の役に立つ実感がとても楽しくて、「こういう環境の中で、医療人として成長していきたい」と思うようになりました。

では、就活は城南医薬に絞って活動を?

一応せっかくの機会だからと、大手の薬局チェーンなど様々な説明会に参加してみました。ただ、話を聞けば聞くほど、「自分には城南医薬が合っている」という気持ちが強くなったというか。

それはなぜでしょう?

私は誰かに指示されたことをこなすだけでは、満足できないタイプなんです。ですから、大きな会社で組織の駒になるのは、少し違うなと。むしろ、主体的に患者様とコミュニケーションを取れて、仲間と一丸となって地域医療に貢献できるような環境がいいなと再認識しました。それに当社は、他社と就活のスタンスがちょっと違っていたのも決め手になりました。

他社と違うポイントとは?

まず、調剤薬局と病院薬局、両方経験できるといった環境面が、とても魅力です。それだけでなく、当社は「ぜひ三好君に来てほしい」と言ってくれました。企業が学生を選ぶという姿勢ではなく、学生と同じ目線に立って、「あなたが必要だ」と求めてくれた。それが嬉しかったんです。

目指すは、患者様に安心してもらえる薬剤師

実際に入社して、入社前のイメージとギャップなどはありましたか?

いえ、コミュニケーションを大事にする雰囲気などは全く変わりません。ただ配属になった大森薬局は、内科・小児科・泌尿器科・耳鼻科など、幅広い科を扱っているので、新しい症例に出会うことも珍しくありません。それは大変でもあり、新鮮でもあります。

入社後の研修はいかがでしたか?

調剤業務の研修や訪問看護の研修に加えて、大田病院のドクターの往診や、医療事務の現場、介護ショップの業務なども一通り見学させてもらいました。それに外部の教育専門機関でビジネスマナー研修も受けましたし、研修内容は本当に多種多彩です。また、大田病院の医師や看護師と一緒に研修を行うことも多く、視点や発想の違う方々と交流を深められるのもありがたいです。

現在はどのような業務を?

今は、患者様がお持ちになった処方せんを監査・調剤・服薬指導する一連の調剤業務や在宅訪問、グループホームなどへのお薬の配達と服薬状況の確認、薬の発注まで、ありとあらゆる業務を経験させてもらっています。新人のうちから幅広い分野に取り組めるのは将来のためにもプラスになると思いますし、状況の異なる患者様と日々接する中で、自分の課題もはっきりしてきました。

三好さんが感じている課題とは何でしょう?

薬学の知識も、症例に対する知識もまだまだ足りません。それにお薬をお渡しする際、どうすれば薬の飲み忘れを防げるのか?同じ病気でも暮らし方が違う患者様に、どんなサポートが必要なのか?患者様それぞれにお困りの点は違いますから、一人ひとりに最適なアドバイスや対処というものをしっかり学んでいきたいです。そして、会うだけで安心してもらえるような薬剤師を目指せたらと思っています。

経験の幅を積極的に広げていける喜び

今後、病院薬局での研修もあると思いますが、期待していることはありますか?

病院薬局は、入院患者様を初め一人ひとりと長期的に付き合い、症例と向き合うことができます。それはきっといい経験になると思っています。それに、ドクターや看護師とのチーム医療に取り組めるのも病院薬局ならでは。調剤薬局でも、“処方提案”と言って、ドクターに連絡をとって処方の意図を確認したり、逆にドクターからお薬の相談を受けたりといった連携プレイがありますが、病院内では今以上に濃密になり、責任感も高まるでしょうね。

今後さらに幅広い経験を積まれていくわけですね。

自分は一分野だけでなく、あれもこれも挑戦してマスターしていきたいタイプなので、本当に理想的な環境だと思います。きっと他社であれば、転職しなければできないような経験も、当社なら社内異動で叶えることができる。これは大きいです。

では最後に、薬剤師を目指す学生さんにメッセージをお願いします!

調剤薬局に行くべきか、病院薬局で経験を積むべきか、迷っている方もきっと多いと思います。そんな方にこそ、入社後に色々な選択肢が用意されている当社をオススメしたいです。若手の仲間がたくさん増えて、患者様へのより良い対応方法や、症例に関する知識など、一緒にディスカッションしながら成長できたら嬉しいです。

WORKING STYLE

ある日のスケジュール

08:50
朝礼
事務職員も一緒に情報共有を行います。その日の体制・業務連絡や調剤済みでまだ患者様が取りに来られない薬や在庫がない薬などの確認も行います。
09:00
調剤
いただいた処方せんに不備がないか確認し、不明な点などがあれば発行元の医療機関に問い合わせをします。錠剤や水薬、粉薬を処方せん通りに揃えますが、同時に服用する薬を間違わないよう一つの薬袋にまとめたり(一包化)、服用しやすいように錠剤を粉状に砕いたり(粉砕)といった特殊な調剤もします。
12:30
休憩
毎日近くのお弁当屋さんで注文してスタッフ同士わきあいあいと食べています。
13:30
窓口
窓口で、調剤された薬が間違っていないか、処方せんの内容に不明な点がないかなど再度確認し、患者様に薬の服用方法や効能、副作用などをご説明しながらお渡しします。その際、患者様からの聞き取り内容により、処方元の医師に確認し、お薬の種類や量などを変更していただくこともあります。患者様から学ぶことはとても多いです。
15:00
在宅訪問
患者様のお宅に訪問して、処方されたお薬を「お薬カレンダー」にセットしたり、残っている薬の確認などをします。副作用の有無や、服薬できていない場合の理由などを患者様から聞き取り、適切に服用できるようご説明します。薬局に帰ってきたら報告書を作成して、処方元の医師に情報提供します。
16:50
終業
ここで一息つけます(笑)。夜間当番のスタッフに引き継ぎして業務は終わりです。
17:00
自主学習(勉強)
その日の不明点を解決したり、自己学習を行います。先輩スタッフと情報交換することもあります。
18:30
帰宅
疲れてぼーっとしながら帰ります。

ページ上部へ